夏の暑い時期は汗の処理に困りますよね?

この時期はなにもしていなくても汗がとまりません。

そんな汗や汗のニオイの悩みをケアしてくれるのがトリムクール。

顔の汗やテカリやにおいを瞬間的にケアしてくれます。

今回はそんなトリムクールが頭の汗にも使えるのかを紹介します。

トリムクールは頭にも使える

トリムクールは頭にも使うことができます。

夏場は頭皮が臭うなんてこともありますよね?

頭皮の臭いの原因は、汗や髪の汚れ、皮脂です。

頭皮には顔のTゾーンの約2倍の皮脂腺があるため、
皮脂が酸化したり、汗や肌の老廃物が原因で菌が繁殖したりすることで、
頭皮からニオイが発生しているわけです。

また、トリムクールは頭だけでなく、顔、首、脇、お腹、背中、
デリケートゾーン、足などにも使うことできます

トリムクールを使える部位
トリムクールを使える部位です。

つまり、体全身のどこでも使えます。

ただし、傷やはれもののある部位への使用は控えたほうがよさそうです。

そのことがパッケージにも書かれています。

朝の慌ただしい時間でもすぐに使えて、効果も10時間ほど続きます。

ベタつきもないので、快適に気分良く過ごすことができます。

無添加・低刺激にこだわって作られていますので、
敏感肌の方でも安心して使えるようになっています。

↓  詳しくはこちら  ↓

トリムクールの使い方は?

トリムクールの使い方は汗が気になるところにスプレーするだけです。

スプレータイプなので、とてもかんたんに汗のニオイや
テカリを抑えてくれます。

10時間ほど効果が持続するので、1日1回使えばほぼ大丈夫です。

ただスプレーする前には1度汗を吹いてから、スプレーするようにしましょう。

実際に使ってみた感想は?

トリムクールとパッケージ
トリムクールとパッケージ画像です。

トリムクールを実際に使ってみました。

トリムクールが送られてきて驚くのは、
トリムクールはパッケージもそうですが、とても小さいです。

トリムクールとボールペンの長さの比較

内容量も30mlですので、市販されている制汗スプレーに慣れている方だと、
小さいと感じると思います。

容器のデザインはシンプルですが、おしゃれだと感じていて、
気にいっています。

肝心の使った感じたことですが、
効果をめちゃくちゃ感じています。

わたしは昔から汗っかきで人より汗をかきます。

夏の暑い時期は何もしていなくても、額から汗をかきます。

そんなわたしですが、昨日役所の窓口に書類(住民票)を取りに行かなければならなくて、

取りに行きました。

車を使って行く距離でもないので、歩いて10分ほどの役所に行き、
書類の手続きをして、歩いて帰ってきました。

昨日は8月14日で、天気は晴れていて、蒸し暑い夏という感じ。

日中の暑い時間帯は嫌なので、役所の受付が17時までということを考えて、
16時すぎに取りに行くことに。

汗をかいていると見た目も悪いですし、
ニオッても嫌だったのでトリムクールを使ってから行きました。

トリムクールの裏面

これだけ暑いと汗をかくかなと思っていたのですが、
ほとんど汗をかくこともなく、汗のニオイが気になることもなく、
用事を済ますことができました。

汗を気にすることなくすごせるのは、本当にうれしいですね。

以前から市販の制汗スプレーでは、
ちょっとひんやり、そして少し香りがある程度という感じで、
その場しのぎというか、
もう少し効果があって長続きするものがほしいと思っていました。

トリムクールなら、効果が実感できますし、
長い時間持続します。

汗をかきにくくなるというか、肌がひんやりとしている感じが続くのは、
エタノールやメントールが配合されているからだと思います。

特に使ったから肌がベタつくということもありません。

気になったのは価格が高いことと、容量が少ないことです。

ただ、初回にお得に購入できるキャンペーン(87%OFF)もやっていますし、
あなたの肌に合わなければ90日間なら全額返金保証もありますので、
まずはどんな商品なのかを試してみることをおすすめします。

この商品が向かない人は、市販の制汗スプレーで、
十分に汗を抑えられたり、ニオイを抑えられている人。

逆にこのトリムクールを使ったほうがいい人は、
市販の制汗スプレーで満足できず、
もっと効果が強くて持続するものをほしいと感じている人です。

わたしは汗をかきやすい体質なので、
効果の強いものがほしいと前々から思っていました。

しかし、最近は夏が昔に比べて暑くなっているので、
汗を抑えたい、汗のニオイをなんとかしたいと考えている人は
増えていると思います。

あなたが以前よりも汗のことが気になるようでしたら、
まずはチェックだけでもしてみることをおすすめします。

↓  詳しくはこちら  ↓