PAOで小顔を手に入れようとする人が増えてきましたね?

ですが、PAOでトレーニングをしていると首やあごに負担がかかる可能性がありますよね?

今回はパオでトレーニングをすると、顎関節症になるのか、首に負担がどの程度かかるのかを検証します。

PAOってどんなダイエット商品なの?

PAOはくわえて振るだけで、顔の表情筋を鍛えられるフェイシャルのダイエット商品です。

1日2回、たったの1分だけやれば表情筋が鍛えられると話題になっています。

楽天のダイエット・健康ランキングでも第1位になり、今までに売れた本数も販売本数50万本と、とても人気の商品です。

PAOでトレーニングすると顎関節症になる?

PAOは口に器具をくわえて、口を上下にスイングします。

ですから、口周りや首に負担がかかります。

顔にある表情筋や口輪筋といった筋肉を鍛えるわけですから、
当然といえば、当然ですよね?

ですが、やりすぎるとほんとうに顎関節症になるのでしょうか?

口コミを調べてみました。

みんなのレビューを調べてみると、顎関節症についてレビューしているものが
6件ありましたので、紹介します。


この方は1日2回やっていたら、痛みがくるようになってしまったので、
顎関節症の可能性がありますね。


この方は顎関節症になったという話ではなく、顎関節症の人は使わないほうがいいと
アドバイスしてくれているようですね。


この方はご自身が顎関節症で、筋肉を鍛えようと思って買ってみて、
表情筋を鍛える効果を感じているようですね。

ただし、やりすぎには気をつけているようですね。


この方も、ご自身が顎関節症で、顎周りを鍛えようと購入されたようです。
少しマシになったとあるので、効果を感じているようですね。


この方はPAOを使って、顎関節症のような症状が出てしまったみたいですね。
ご本人は合わなかっと言っていますね。


この方はもともと顎関節症だったのを忘れていて、使ってしまったようですね。

引用:みんなのレビュー

みんなのレビューを見る限りでは、顎関節症についてのレビューが6件あり、
PAOを使って顎関節症のような症状が出た方が2名いました。

顎関節症をなんとかしようと鍛える目的で使っている方も2名いました。

みんなのレビューには2018年7月24日の時点で1339件のレビューがありますが、
PAOを使って顎関節症になるのは、確率的には1339分の2程度ということになります。

ですので、1日2回やっている分にはほとんど心配がないと思います。

また、顎関節症なのであご周りを鍛えようと思って購入された方がいましたが、
正直それはやめたほうがいいと思います。

 

PAOの説明書を探したのですが、オンラインでは見つからなかったので、
モデルの違うもの(PAO 3model) の説明書を見ましたが、
顎関節症の方は使用しないでくださいとあります。

PAO 3modelの説明書

2ページめの右下、警告のところに書かれています。

ですので、顎関節症の方は使わないことをオススメします。

↓  詳しくはこちら  ↓

さいごに

PAOを使うと顎関節症になるのかどうかを検証してきました。

ごく少数ですが、そういう方もいるようです。

ただ、確率的にはほとんどいないみたいですね。

ただし、1日2回の30秒×2回よりも回数を多くトレーニングをしてしまうと、負荷がかかりすぎて顎関節症になる可能性もありますので、
そのあたりは無理しない程度に調整してください。

表情筋を鍛えて小顔になろうと思って、顎関節症になったらもったいないですからね。

無理のない程度に毎日続けていくことをオススメします。

↓  詳しくはこちら  ↓

 

関連記事