今回は私が使ってみた商品でよかったもののレビューをしたいと思います。

私は少し前から手が荒れていて、本当に困っていました。

いわゆる手湿疹ができていて、手の親指と人差指のあいだが乾燥してかゆみがある状態でした。

そのため、市販されている保湿クリームだったり、手湿疹用の軟膏(オイラックス PZリペア軟膏)を使ったりしてなんとかしようとしていました。

ただ、あまり効果はなく、少し改善する、もしくは悪化しない程度という感じでした。

そんな時に塗る温泉という医薬部外品のスキンクリームに出会って、
期待上によかったので、今回は塗る温泉を紹介したいと思います。

塗る温泉ってどんなスキンクリーム?

塗る温泉は20年以上もお客様に愛され続けている、医薬部外品のスキンクリームで、

高濃度ミネラルと漢方成分で、お顔やお肌の疲れを癒やしてくれる薬用イオンスキンクリームです。

肌荒れ、あせも、にきび、乾燥を防ぐといった効能があり、他にも使った人の話では、
そばかす、シミやシワなどのお肌トラブルにもよかったとの声を多くもらっているようです。

塗る温泉を使ってみた感想

塗る温泉を使ってみると、手荒れが改善されました。

手が手湿疹になり、手の親指と人差指のあいだあたりが乾燥してかゆみがひどい状態でした。

ですが、塗る温泉を使っていると、肌がそのクリームをぐんぐん吸い込んでくれて、
乾燥した状態がどんどん良くなっていきました

それくらい、肌への吸収が違う、有効成分が肌に吸収されている感じがします。

おかげで、乾燥した状態からしっとりした肌の状態になり、
さらにかゆみもおさまりました。

今までは、市販されている他のハンドクリームを使っていましたが、
なかなか肌が保湿されず、表面が少し潤う程度でしたが、
塗る温泉は肌が内側から潤うようなそんな感じでした。

もっと早く出会っていればよかったと思いました。

↓  詳しくはこちら  ↓

さいごに

塗る温泉について使ってみた感想を紹介しましたが、

わたしの場合は手荒れ、手湿疹に効果を感じました。

特に肌に有効成分が吸収されて、

肌が内側から潤ってくる感じが市販の保湿クリームとは一味違うと感じました。

市販されている保湿クリームは表面をコーティングするというか、
手に油膜を作っている感じしかしませんでした。

ですが、塗る温泉は内側から潤ってくる感じがします。

ですので、体の内側から潤いたい、保湿したいと考えている方は
1度試してみることをオススメします

今なら、オトクにお試しできるチャンスもあるみたいなので、
興味のある方はこの機会にチェックすることをオススメします。

↓  詳しくはこちら  ↓