歯の矯正をしていると、なかなか歯ブラシでの歯磨きはうまくできませんよね?

どうしても磨き残しが多くなりますし、それが原因で口臭や虫歯になってしまうなんてことも・・・。

今回はジェットウォッシャードルツを矯正の時に使ったほうがいい3つの理由を紹介します。

ジェットウォッシャードルツって?

ジェットウォッシャーは歯周ポケット内の汚れをすみやかに洗い流すことができ、2週間で歯ぐきの健康を促進してくれます

歯と歯の歯間洗浄だけでなく「歯周ポケット洗浄」や「歯ぐきケア」もできます。

歯磨きのブラシの届きにくいすき間に詰まった食べカスをはじきだすので、食べかすが口臭の原因の場合には、口臭の改善にもなります。

ジェットウォッシャードルツを矯正の時に使うべき3つの理由とは?

歯の矯正をしていると、なかなかすべての歯をキレイに磨くことって難しいですよね?

磨けていないところが虫歯の原因になる可能性もありますし、
口臭の原因になるなんてことも・・・。

そんな歯の矯正をしている時にジェットウォッシャードルツを使うべき理由を紹介します。

①歯の磨き残しがなくなる

歯ブラシでは磨けないところをジェットウォッシャードルツなら、キレイにする事ができます。

金具が邪魔をして磨けない部分がどうしても出てきてしまいますよね。

そしてきれいに磨こうと思ったら、時間も今まで以上にかかります。

ドルツなら、歯ブラシで磨けない部分も水流でカンタンにキレイにしてくれます。

②歯医者に叱られなくなる

毎日、歯ブラシで歯磨きをしていてもどうしても、金具が邪魔をして磨けない部分がでてきます。

そんな状態で歯医者さんに行くと、必ずと行っていいほど、叱られてしまいます。

ジェットウォッシャードルツを使えば、汚れをキレイにできない部分はないので、
歯医者さんに怒られることはなくなります。

③歯茎の痩せやトラブルが減る

歯ブラシで歯磨きをするときって、歯だけを磨くわけではなく、歯茎のマッサージにもなっています。

ですが、矯正をしているときは金具が邪魔をして、歯茎のマッサージがどうしても減ってしまうので、歯茎の痩せやトラブルが起こりやすくなってしまいます

ジェットウォッシャードルツを使って、歯周ポケットを掃除すれば、同時に歯茎のマッサージにもなるので、より健康な歯茎に導いてくれます。

↓  詳しくはこちら  ↓

使い方は?

ジェットウォッシャードルツの使い方はカンタンです。

口コミを見ていると慣れるまで少し時間がかかった方もいるようですが、
実際にやることは口にくわえてスイッチを入れて、歯磨きの要領で歯や歯茎を掃除していくだけです。

発売元のパナソニックさんが使い方の動画を作ってくれているので、
よかったら参考にしてください。

使い続けることで歯ぐきの健康状態がよくなることがウリの一つでもあるので、
継続することが大切です。

使い続けるといっても、時間がそんなにかかるわけでもありませんし、
使った後には口の中のスッキリ・サッパリ感があって、気持ちよく感じると思います。

ですので、使い続けたいと感じる方が多いようです。

矯正している方の口コミの紹介

矯正をしている小6の子どもと自分で使うために買いました。
小6でも問題なく使えます。
矯正中は歯の磨き残しがどうしても多くなってしまいますが、この商品でばっちり汚れがキレイになります。
最初は恐る恐る使っていましたが、2回で使い方にも慣れて、今は仕方ない日以外は自分から進んで使っています。

歯列矯正をしていて 透明硬質プレートを就寝中に装着しています。
ジェットウォッシャーを就寝前の歯磨きの後に使うようになってから
翌朝 プレートを外しても嫌な臭いがなくなりました。
奥歯の食べカスが確実に洗い落とせます。

矯正の装置を付けた歯は歯ブラシだけでは完全には汚れが綺麗にできず、
歯茎が腫れていましたがドルツを使い始めてから引き締まった歯茎になりました。
これからも使い続けたいです。

歯列矯正で歯磨きが難しくなるので購入しました。洗浄機能としては十分満足です。
ノズルの先端、折れ曲がった先がもう少し短いと嬉しいかな。

引用:みんなのレビュー

さいごに

ジェットウォッシャードルツを矯正の時に使うべき3つの理由について、紹介しました。

矯正のときこそ、正直ドルツを使ったほうがいいと思います。

矯正をしていると、どうしても歯磨きがうまくできませんので、
矯正を始めると同時にドルツも使い始めることをオススメします。

↓  詳しくはこちら  ↓