夏になって日差しがほんとうに強いですよね?

少し、外に出ているだけでカンタンに日焼けしてしまいます。

通勤、通学で少し外を歩くだけでも、気がつくと肌が焼けていたなんてことも・・・。

できるだけ、白い肌をキープしたいですよね。

今回は飲む日焼け止めのヘリオケア ウルトラdの日焼けを防ぐ効果的な飲み方について紹介します。

ヘリオケア ウルトラdはどんな日焼け止めなの?

ヘリオケア ウルトラdは飲む日焼け止めで、体の内側から紫外線対策ができます

化学薬品も使用しておらず、安心して飲むことができます。

塗る日焼け止めだけでは満足できない方からの満足度が高く、塗る日焼け止めのように汗で落ちてしまう心配もなく、塗りムラができるといったこともありません。

敏感肌で塗る日焼け止めを使えなかった方も安心して使える、飲む日焼け止めです。

ヘリオケア ウルトラdの日焼けを防ぐ効果的な飲み方は?

通勤や通学のときの日焼けを防ぎたい場合は、外出前の30分前に1カプセル飲んでください

飲んでから30分以内に、効果がではじめます。

少しカプセルが大きくて飲みにくかったり、色は青とオレンジで違和感を覚えますが、
これは使っている植物のためにこんな色をしているようです。

普段の紫外線対策(通勤・通学くらい)なら、これだけで十分です。

もう少し対策をしたい方は、塗るタイプの日焼け止めを併用すればさらにバッチリです。

日傘やサングラス、防止、アームカバーなどをして完璧に紫外線対策をされている方は、

ヘリオケア ウルトラdと塗るタイプの日焼け止め、日傘くらいで大丈夫になると思います。

この時期、暑さで汗をかくので汗で日焼け止めが落ちる心配もありませんし、
塗りムラができることもないので、紫外線対策としては安心できます。

また海に出かけたり、スポーツの応援に行ったり、音楽フェスに出かけたりと、
長い時間日光を浴びる場合には4時間後にさらに1カプセルを追加でお飲んでください

このヘリオケア ウルトラdの効果は約4~6時間ほどです。

ですので、長時間外にいる場合にはタイミングを見て、もう1錠飲んでください。

また、普段飲むためのサプリメントとして使いたい場合は毎朝1カプセルを飲んでおけば日焼け対策しては大丈夫です。

↓  詳しくはこちら  ↓

ヘリオケア ウルトラdを子供に飲ませても大丈夫?

さきほど、長時間外にいる場合にはもう1錠飲むことをオススメしましたが、
今の時期には家族で外出する機会も増えますよね?

そうなるとお子さんの日焼けや紫外線対策もしたいと考える方もいるかと思います。

ですが、お子さんに飲ませて大丈夫なのか心配される方もおられると思います。

ヘリオケア ウルトラdは4歳以上から使用できます

ですので、安心してお使いいただけます。

ただし、カプセルが大きいのでそのあたりはお気をつけください。

ヘリオケア ウルトラdの口コミでの評判は?

去年から飲みことにしています。夏に出かける時に使用していて、日焼け止めと併用したところあまり日焼けしなかったので効果を感じています。これからの季節はこれを飲んでいれば安心して出かけられます。

夏だけではなく、紫外線が強い時期は飲むようにしています。
効果は正直よくわかりませんが、サプリを飲んでさらに日焼け止めクリームを塗ると安心です。

最初見たとき色がちょっと毒々しいので、違和感を覚えましたが、日焼けしたくない日に飲むことにしています
少しカプセルが大きめで、飲みにくいのでそこはマイナスですね。
効果は自分ではよくわかりませんが、日焼けしてないようなのであるのかなと感じています。
久しぶりに友人と会った時には、そんなに白かったっけ?と言われましたので、やはり効果が出ていると思います。これからも紫外線が強いときは続けます。

紫外線対策に大きな役目を果たしてくれているのが、この飲むタイプの日焼け止め、ヘリオケアです。
内側からの光老化予防として、塗るタイプの外側からのケアと併用してバッチリ効果を発揮してくれています。もともと肌は色白ですが、真夏でも日焼け知らずでいられます。また、現在30台前半ですが、だいたいいつも20台前半から半ばくらいに見られ、年齢を言うと驚かれます。これからも使い続けたいですね。

引用:みんなのレビュー

さいごに

ヘリオケア ウルトラdの日焼けを防ぐ効果的な飲み方について紹介しました。

飲む日焼け止めは、塗るタイプに比べてやはり汗で落ちる心配もありませんし、
塗りムラができないので、ほんとうに手間が少ないと思います。

紫外線対策や日焼け対策を今よりも完璧にしたい場合には、
飲むタイプの日焼け止めも一緒に使ってみることをオススメします。

↓  詳しくはこちら  ↓